くびれサプリランキング@お腹の脂肪を落としくびれを作る!

くびれができない原因は?

 

くびれがなかなかできない人もいれば、昔はくびれがあったのに気付けば無くなってきたという人もいます。くびれができにくい人に多い原因はもちろん肥満です。脂肪がついてしまったために、肋骨部分や骨盤部分とのメリハリが無くなってしまっているのですね。ウエストの下には骨盤がありますが、骨盤は垂れ落ちてきた脂肪をストッパーとして支えます。すると、骨盤の上に脂肪が載り、重くなってくると横に広がっていきます。そのため、どうしてもくびれが隠れてしまうようになるのです。骨盤が小さい人は骨格的にもメリハリあるくびれが作りにくく、なおかつ骨盤から脂肪が横にせり出しにくいので、特に肥満には注意する必要があります。

 

また、内臓脂肪も問題です。内臓脂肪が多くなると、痩せていても腹部だけが大きくなってしまいます。お酒を飲む人に多く見られますので注意が必要です。ちなみに、内臓脂肪だけであれば普通の皮下脂肪よりは燃焼させて落とすことが容易だと言われています。また、リンパの流れが悪いために脂肪がつくこともあります。むくみなどと一緒にされがちですが、リンパが悪くてくびれができないのは、むくみと言うよりは、代謝が悪くなることで太りやすくなるからです。むくみでくびれができないのであれば、むくみの解消と共にくびれるはずですが、そんなことはありません。代謝不良によって脂肪がつき易くなるのが原因です。

 

また、肋骨の位置や状態なども問題になることがありますし、姿勢が悪くてくびれができないという人もいます。原因はさまざまですから、自分のくびれができない原因をよく考えて、適切に対処するようにしましょう。

 

くれびを作るために姿勢に気をつけよう!

 

ダイエットしてもなかなか効果が出ない人の多くは、筋肉量が少ないために太りやすくやせにくい体質であるということです。筋肉の量は基礎代謝と大きく関わっていて、基礎代謝が大きいほど太りにくくやせやすい体になります。これは部分やせについても同様で、筋肉がついている部分はやせやすく、ついていない部分は太りやすくなります。ですから、くびれを作ろうと思ったらくびれのために必要な筋肉を鍛える必要があります。

 

胸を張ることでもダイエットやくびれ作りの効果があるのをご存知でしょうか。これは胸の筋肉を刺激するだけでなく、全身の姿勢をよくして多くの筋肉を効率的に使うようにしてくれるので、そのために腹筋や背筋も鍛えられるようになり、くびれ作りに有効です。さらにできるなら上半身を左右にひねりながら歩くようにすると良いでしょう。足より先に腰を出すようなイメージで、足についてこさせるようにするのが良いですね。このようにしてみると、腰周りにも適度に刺激がありますし、インナーマッスルも鍛えられて基礎代謝も向上しますから、全身が太りにくくなります。ダイエットの際には脂肪分の多いバストから痩せるという人もいますが、胸張りダイエットであれば胸部への筋肉の刺激によってバストアップが期待できます。全体のスタイル維持のためにも有効なトレーニングです。

 

さまざまなダイエット方法もありますが、スタイルよく痩せたいと願うなら、まずは姿勢を作ることから。そして鍛える筋肉をしっかり考えて、効率的に痩せられるようにしましょう。

 

くびれを作る歩き方を意識する

 

誰もが憧れてやまない『くびれ』ですが、これはどこにできるものでしょうか。くびれができるのは、基本的に、肋骨と骨盤の間。この部分には骨が無いので、ここに脂肪がつかずにいると自然にくびれが生じるようになります。しかし、今は姿勢が悪い人が増えているために、肋骨が下がってしまってくびれを作るための空間が無くなってきている人が増えています。ですから、くびれを作るためには、歩き方の見直しも大切です。

 

歩く姿勢において大事なのは、まずは猫背にならないようにすること。これによってくびれの空間が詰まってしまってくびれが無くなってしまいます。腹筋と背筋で肋骨を引き上げるように意識して、胸を張って歩くようにしましょう。そして、歩幅を広げるイメージを持って歩きましょう。他のものを見ていたり、視線が下がってくると歩幅は自然と小さくなります。目線を上げ、歩幅を大きくすると有酸素運動としての効果も高まるのでくびれ作りにも有効です。また、腰で歩くことを意識してみましょう。足を先に出すよりも、腰を先行させて歩くように考えてみましょう。腰を先に出せば足もついてくるものですい。くびれ部分が大きく動くようになりますから、刺激されて脂肪の燃焼が促され、くびれができやすくなります。

 

こうしたウォーキングのポイントを知っているだけで通勤や通学がエクササイズの時間に変わります。効率よくくびれを作るために、良い歩き方を意識してみましょう。

 

くびれを作るオチョダイエットが注目!

 

最近、メディアや雑誌で注目されて徐々にブームになりつつあるオチョダイエットをご存知でしょうか?オチョダイエットは、オチョダイエットとは、8の字を意識して体を動かすことによって、様々な筋肉を効率的に使って短期間でダイエット効果を実感することができるように研究されているダイエット方法です。食事制限をせずに、基礎代謝を上げてダイエットすることができる方法ですから、健康的で効果も期待できますね。

 

「オチョ」というのはスペイン語で数字の「8」という意味です。ですから、これを意識するために、運動は1セット8回。「1・2・3・4・5・6・7・オチョ!」とカウントしながら元気よく叫ぶお約束が存在します。基本の運動は「立ちオチョ」と呼ばれますが、腰で8の字を描くように回すことで、腰の筋肉が大きくねじれてウェストの脂肪を燃焼させる効果があります。

 

オチョダイエットにはいろんな運動があり、ウェスト以外にも二の腕や脚痩せに効果的な運動もあるそうです。オチョダイエットの本質は実は筋トレであり、筋トレによって脂肪を燃焼しやすくしてたまった脂肪を落としていくのです。そして、多くの筋肉を使い、特に鍛えるのが難しいインナーマッスルを鍛える効果があることでも定評がります。インナーマッスルを鍛えておくと、内臓脂肪の減少や、ウエストのサイズダウン、体重ダウンが期待できます。

 

そして、「立ちオチョ」は、骨盤を正常な位置に治す効果があると言われていて、それによって骨盤から来るさまざまなスタイルの問題を矯正することができます。血流もよくなって、健康効果も高いとされています。その他、便秘解消や肩こりの解消、血行の改善など多くの効果があるということで大変人気があるようです。早い人では1週間で効果があるそうですから、ぜひ試してみてくださいね。

 

くれびを作り理想のスリーサイズを手に入れる!

 

ウエストにくびれを作るということを目的として多くの人が努力をしていると思いますが、理想的なボディラインというのはある程度の比率が決まっており、それをイメージするためにはスリーサイズという数字は非常に有効です。スリーサイズについては多くの方がひとつひとつの数字を意識していると思いますが、それ以上に大事なのは全体のバランスです。このバランスひとつで女性らしいラインにもなりますし、寸胴な体型にもなってしまいますから、しっかりイメージをもってエクササイズに取り組まないと、過度にやせてしまったり、ちぐはぐな体型になったりします。

 

多くの方はモデルの体型をイメージしていると思いますが、モデルのような理想的なくびれというのは具体的な数字のイメージを持っています。男性は女性のウエストについて過度に期待しているというか、妄想に近いイメージをもっていますが、一般的に男性が見るような女性のスリーサイズはグラビアアイドルが多く、そのために間違ったイメージが作られています。時々グラビアアイドルですら数字をごまかしていますから、それによって世の女性たちは異様な期待をもって見られているのでかわいそうですよね。

 

男性が理想とする女性のくびれは、数字の比率で言えばウエストとヒップの比率が7:10といった割合になるそうです。多くのデータから学者が算出した信頼性のある数字と言われています。これはたとえば、ウエストが63cmであれば、ヒップ90cm。非常にグラマラスですね。

 

ちなみに、ワコールが発表している理想のスリーサイズは、身長が基準になっていて身長に対してバストなら0.5、ウエストなら0.38、ヒップなら0.54をかけた数字が理想のサイズになるそうです。先ほどの数字と比べると幾分スレンダーな感じがしますが、それでも美容体型であることは間違いなさそうです。頑張らないといけないですね。